空き家の流通を図るための減税制度

被相続人の居住用だった家屋(空き家)を相続した相続人が、相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに、当該家屋又は取り壊し後の更地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から最高3000万円を特別譲渡するという「空き家の譲渡所得の3000万円特別控除」があります。この控除の適用を受けるには、家屋の建築年月日、被相続人の居住、売却時期などの要件が定められています。また、確定申告が必要です。