法定成年後見選任申立

成年後見制度とは

知的障害者、精神障害者、認知症の方など判断能力が不十分な方の権利や財産を成年後見人が財産管理及び身上管理をして守り、生活を支援するものです。

法定成年後見人選任の申立には十数種類の書類を調査・作成して、家庭裁判所に提出しなければなりません。

提出書面の一例(後見の場合)
*後見開始申立書(理由を説明)
*申立書附票
*同意書(親族用)
*後見人候補者身上書(親族が立候補する場合)
*後見予算書
*財産目録(1)
*財産目録(2)
*診断書(成年後見制度用)
*診断書附票
*本人情報シート
………etc

司法書士報酬
成年後見人選任申立書類作成 120,000円
家庭裁判所同行立会      20,000円