任意後見契約

認知症になって意思能力を失うと、契約ができなかったり、銀行口座が凍結されたりしてしまいます。

今まだ、意思能力がはっきりしているときに、親族等信頼のおける方と任意後見契約を締結しておきましょう。

もし、あなたが認知症になって意思能力を失ったら、契約を締結した親族等があなたに代わって契約をしたり、あなたの生活のために預金等の財産の管理をしてくれます。

この任意後見契約は、意思能力がなければできませんので、転ばぬ先の杖として、早めの締結がお勧めです

当事務所では任意後見契約のお手伝いとして、契約内容案の提示と契約書原案の作成、公証人との連絡等を承っております。

任意後見契約司法書士報酬 90,000円